• ホーム
  • 各ドールブランドの説明と正規品保証につきまして

各ドールブランドの説明と正規品保証につきまして

【JYドール】

JYドールは、全世界で年間1万5千体以上を販売する有名ブランドドールであり、当社は日本正規販売代理店として同社の商品を販売しています。当社の販売するJYドールには、正規品であることを証明するJY社発行のQRコード付きのセキュリティカードが同梱されますのでご確認ください。

●JYドールの正規品保証カード


JYドール社との販売代理店契約書(一部)



JYドール社ホームページの正規代理店リスト(全12社の一部)

※ホームページがリニューアルされたため、今は見ることができません。

ご注文ドールの出荷前写真(スタッフがJY社のロゴ入りTシャツを着ています。)

JYドール社の企業ホームページ(http://www.jydoll.cn/)



【SMドール】

SMドールは、日本ではあまり知られていないと思いますが、ドールハウス168(dollhouse168)に製品を供給している製造メーカーが、独自に立ち上げたドールブランドです。そのため、製品の素材のTPEや新骨格(EVO骨格)などの品質は同じです。今年の夏からDollhouse168(old)ブランドのドールも販売できるようになりました。EVO骨格も対応できます。この会社とは正規代理店契約を締結しています。顔が可愛いドールが特徴です。


SMドール社との販売代理店契約書(一部)


SMドールの工場風景



SMドールの公式サイトができました。

→ http://www.sm-doll.com/


【WMドール、YLドール】

WMドール、YLドールは中国最大のドール工場JINSAN MANNEQUINが制作しているブランドドールです。信頼ある正規卸代理店とメーカーの両方から仕入れられますが、ドールごとに卸価格が安い方から仕入れることで価格を抑えています。JYドールに比べると素材のTPEが柔らかいです。(※WMドールに欧米用と中国国内用の2種類がある、などといった噂が一部にあるようですが、メーカーは、わざわざそのような手間のかかる(注文によって材料の混合比を変えるなど)ことはしません。メーカーにも確認済です。)

●WMドールの正規品保証カード

卸代理店(Queen Sex Doll)とメーカーの契約書


●WMドールを製作しているJinsan Mannequinの工場内(後ろの黄色いハンガーが特徴です)


【D4Eドール(Dollhouse168,Doll-forever)】

Doll-forever社は台湾のメーカーで、当初dollhouse168(ドールハウス168)としてブランドを立ち上げ、現在はDoll-forever ,Dollhouse168,Piper-dollの3つのブランドを持っています。日本でもすでに販売されていますが、今回、当社の実績が認められて販売を許可していただきました。特徴は日本人好みの顔と、素材のTPEが柔らかく、体育座りや正座ができるEVO skeltonという新骨格が選択できる(EVOシリーズは新骨格のみ)ことです。また、タッチセンサーによる音声システムもオプションでつけることができます。弊社ではDollhouse168(DH)、Dollhouse168EVO(EVO)、Doll-forever(D4E)とOEM製品であるPiperDoll(パイパードール)の4つのシリーズを販売しています。

Doll-4ever社のロゴ


Piperドールからの正規代理店証明書


Doll-4ever社からの発注仕様確認書



【6YE(六野)ドール】

6YE(六野)ドールは、この中ではワンランク上のドールといった印象です。ご覧のように細部までの造形のクオリティが高く(なんと肛門までリアルに作ってあります。)、骨格も軽く最新のものを使用しています。またヘッドもアジア系が中心です。実績を認められて販売許可をいただきました。なお、海外サイトで「6YEプレミアム」として販売されている商品は、6YEのOEM商品です。プレミアムだけが本物で他は偽物というのは間違いです。OEM商品ですから当社サイトには掲載いたしませんが、ご注文可能ですのでご希望の場合はお問い合わせください。

※一枚目は6YEプレミアムサイトの写真、もう一枚は当社が販売した商品の出荷前写真です。後ろのラックやヘッドの棚が同じであることをご確認ください。

6YEドール社から当社への代理店委任状(様式が無いためお願いして作ってもらいました)




【QITAドール】

QITAドールは、広告会社と彫像および蝋人形の専門会社が共同で立ち上げたドールメーカーです。蝋人形を作っていただけあって、顔の造形のクオリティーが非常に高いです。コピー品が多く、いったいどこのドールだろうと探していたのですが、ようやく見つけてコンタクトを取り、販売できることになりました。(ロゴに日本のカタカナを使っているとは。親日なんですね。)



【クライマックスドール】

Climaxs(クライマックス)ドールもまた、信頼できる20のメーカーの1つで、いわゆる「ダイナマイトボディ」が特徴のドールメーカーです。こちらは代理店契約書は交わしていませんが、こういった欧米人タイプが好みの方もいらっしゃるので、メーカーにお願いして卸売販売を許可していただきました。


クライマックスドール社のHPから


【SWAドール】

SWAドールは当社がつけた名称で、今のところブランド名を名乗っていないドールです。Shenzhen Wonder Advanced Matreialという会社が作っているのでSWAにしました。ヘッドもボディーも他社のコピーではなくオリジナルのものを作っています。骨格は首はすべてワンタッチ式になっています。顔が大変可愛いのでこちらからアプローチして販売できることになりました。現物のヘッドを購入して品質は確認済です。

SWA社のHPから



【ASドール】

ASドールは、もともとJYドールにオリジナルのメイクを施して販売していた会社ですが、現在は逆にJYドール社がASドールの商品を一部掲載するような関係になっています。QITAドール等も扱ったり、信頼できるメーカーの商品をオリジナルブランドとして販売している会社です。

ASdollのホームページ → http://www.asdolls.com/


【Jarlietドール】

2014年に創業した比較的新しいメーカーです。オリジナルにこだわっていて、ロゴマークには「他社のコピーは恥だ!」と表示して意気込みが感じられます。アジア系のヘッドは少ないのですが、ボディーがよくできているので代理店契約をして販売することにしました。

Jarliet社ロゴ


代理店契約書

お問い合わせ(INQUIRY)

ご質問、ご相談等ございましたらお気軽にお問い合わせください。必ず回答を受け取りたい場合は、念の為にお電話番号もお書きください。